高血圧とまぶた痙攣の関連性と医師国家試験

医師国家試験は医学部で6年間学習をしてから受験資格が得られるので合格率が司法試験などと比べて非常に高くなっています。医師国家試験の合格率は大学の信頼性に関わるので、事前に補修を行ったり、カリキュラムの一部に医師国家試験対策などが盛り込まれている大学もあるので、大学教育と医師国家試験の意義について考えられています。高血圧は一般的には肥満に人がなりやすいとされているのですが、その理由としては体が大きいことで、血液を循環させるための心肺機能の労力が大きいので、長い間その状態が続いてしまうと血圧が正常値に戻らなくなり、高血圧を発症するようになります。初期の段階では薬などを服用しないで生活改善や有酸素運動などによって高血圧の改善をしますが、それでも正常値にもどらない場合には降圧剤を用いて薬の力で血圧をコントロールします。血圧がコントロールできると脳卒中や心臓病などのリスクを下げることができるので、生活の質を高いまま保つことができます。まぶた痙攣はストレスが原因になることが多いとされていて、自律神経の乱れによってまぶた痙攣が起きるとされています。治療法としては休養することや、筋弛緩作用のある抗不安薬の服用などで、体と心を休めることによってまぶた痙攣を治癒させることができます。しかしまぶた痙攣は再発することが多いので、痙攣し始めたら疲労回復のために休養をとるなどの対処が必要になります。高血圧との関わりはほとんど無いとされていますが、ストレスによる体への負担が大きい場合には高血圧とまぶた痙攣が同時に起きることもあるので、生活習慣を見直すことや毎日の食生活を改善することで、高血圧やまぶた痙攣を起きにくくすることができます。

ページトップへ