日本小児で問題視されている子供の高血圧にはダイエット

高血圧は大人の病気と考えられがちですが子供でも患う可能性があるもので、日本小児で問題で大きく取り上げられるようにもなってきています。原因は運動不足や食べ過ぎによる肥満が最も高く、食事の内容が片寄り塩分の多い味の濃いものばかりを好むことが脂肪の蓄積に繋がっています。

日本小児に関する研究などを行っている機関ではダイエットを推奨していて、無理な運動で痩せるものではなく食事の内容を改善して肥満を無くすとともに、高血圧にも対応するように呼び掛けています。塩分は自然と摂りすぎてしまうもので、ダイエットを行うときにも体内の塩分濃度が高いとむくみなどにつながることがあるので、減らした方が効率よく痩せられる期待が持てます。

高血圧やダイエットを意識するあまり必要な栄養まで補給しなくならないように、バランスの良い食事を食べなくてはなりません。メニューなど何にすれば良いか分からない時には本などを参考にしたり、日本小児科の病院などでもアドバイスしてもらうことは可能です。家庭だけで改善するのが難しいのであれば、肥満専門の診療科がある病院を受診してみるのも良い方法です。

高血圧への対応は生涯続けていくべきもので、悪化していた数値が元に戻ったからといって、食事の量や味の濃さを気にしない食事に戻ってしまっては再発する可能性も出てきます。肥満や高血圧は、他の病気の要因になり得る病気です。特に体に不調が出ていないからといって放置しないで、早めに治療を始めるべきです。子供の高血圧が進行し、動脈硬化や心疾患などになる場合もあります。頭痛が頻繁にあったり、動悸や息切れなどの症状がある場合も、血圧に異常がないか調べてみると良いでしょう。

ページトップへ