高血圧の合併症とは

常に高血圧の状態が続く場合は、血圧を正常に保つための何らかの対策が必要になってきます。なぜ、血圧を正常に保つ必要があるのかというと、酸素を運ぶ上で重要な動脈の血管に負担がかかり、様々な合併症を引き起こす可能性があるからです。そこで、高血圧の合併症としては、代表的なものとして、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や狭心症などを挙げることができます。脳出血に関しては高血圧と深い関係があり、ある日突然起こるのが特徴です。ですから、日々血圧に関しては正常に保つことが大事になってきます。脳梗塞としては、脳血管の一部の血流が悪くなり、場合によっては後遺症が残るケースもあります。また、高血圧に加えて、糖尿病や高コレステロール血症を合併していると、脳梗塞を発症するリスクが高まります。心筋梗塞に関しては、心臓の筋肉に酸素や栄養を運んでいる血管が詰まってしまう病気であり、血圧が高いと血管が詰まりやすくなりますから、高血圧と関係性が高いということがいえます。狭心症に関しては、心臓に必要な血液を十分に送ることができなくなる病気です。他にも、高血圧性心肥大や心不全などの合併症もあります。高血圧性心肥大に関しては、血圧が高い状態が続くと、血管が硬くなり、心臓が血液を送り出す際に常に負担がかかってきます。そして、心臓の筋肉がついて肥大するといった症状が起こります。心肥大になると、心筋梗塞や狭心症などにつながる恐れがありますから注意が必要になってきます。心不全に関しては、発症すると心臓の機能が低下して、血液の流れが悪くなり、体内の血液がよどんだ状態になります。血液の循環が悪くなっているので、足や顔がむくんだり、息切れや動機などの症状が引き起こされます。

ページトップへ