高血圧と性心腎疾患~ビルダグリプチンによる治療

現代日本に於いては、インフルエンザなどの季節性の流行のある感染症以外の多くの感染症の危険は低下しています。しかし、その反面生活習慣病の様な、日々の生活に根差した病が深刻になりつつあります。また、高血圧などの体の諸症状は性心腎疾患などの病気の原因にものなりかねません。高血圧は生活習慣に依存する体の症状の一つですが、性心腎疾患の他にも多くの臓器系の病気とも密接に結びついています。なので、たかが高血圧、されど高血圧といったように注意が必要な症状です。
性心腎疾患の治療には経口薬、ビルダグリプチンがよく利用されます。このビルダグリプチンという薬は、経口薬の血糖に関与する薬としてはとても有名で、インスリンの分泌を促すことによって血糖値を程よくさげるという効果があります。インスリンの作用で血糖値を低下させる薬なので、効き目が強すぎないというメリットがあります。効き目は比較的緩やかなので、より高い効果を期待するためにはほかの薬との併用が推奨されています。例えば、一般的な治療においては、スルホニルウレア系薬剤との併用が推奨されています。そのほかのメリットとしては、効き目が強すぎないのでインスリンの過剰分泌による血糖値の異常低下が起きないという点であり、緩やかに作用していきます。ビルダグリプチンは肝機能への障害を起こす恐れがあります。なので、ビルダグリプチンを利用する際には医者への相談が必要、もしくは医者の処方において使用することにしてください。この薬はジェネリック医薬品としても発売されているので、通常の薬よりも比較的安価に入手することができるのもメリットです。効き目も緩やかなので、血糖値定価の手初めの手段として検討してはいかがでしょうか。

ページトップへ